第8回 澤 和樹 蓼沼恵美子 デュオ・リサイタル

澤さんは和歌山を代表するだけではなく、芸大で葉加瀬太郎さんを育てた名教授でもあります。奥様蓼沼さんとのデュオは3年ぶり。演奏曲目の目玉はベートーベンのピアノとバイオリンのためのソナタ第10番でした。

 

バイオリンソナタはバイオリンが主演奏者でピアノは伴奏との固定概念がありますが、実はピアノとバイオリンの対話であることが最もよく理解できるソナタが第10番で おしどりご夫妻のデュオ・澤ならではの見事なアンサンブルに堪能しました。

 

和歌山新報に掲載されました。
和歌山新報記事2011.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.9 MB